いでアレルギーこどもクリニック

待ち時間が短縮できますので、お気軽にWEB予約をご利用ください。

  • 福岡市南区横手3丁目32-19

ブログ

blog

  • 2022年新年のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます。

    2022年、清々しい元旦を迎えることができました。

    クリニックは5年目を迎え、少しずつではありますが、かかりつけの患者様も増えてまいりました。

    診療以外でも昨年は講演会の座長などもさせていただき、また年明けすぐに舌下免疫療法の講演会も控えており、現在その資料作りに追われています。

     

    近年、医療は日々進歩しています。

    今年も週1回の福岡大学病院での外来勤務(水曜日 午後)を継続し、新しい治療法、診断法の知識を獲得し、クリニックの患者様に還元できるように努力してまいります。

    また今まで以上に親御さんや、お子さまが受診しやすいクリニックを目指し、スタッフ一同、業務に励みたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

     

    令和4年吉日

     

  • 年末のご挨拶

    今年もあと数時間で終わろうとしています。

    クリニックは大掃除も終わり、新しい年を迎える準備ができました。

    今年1年様々な方にお世話になりました。本当にありがとうございます。

     

    来年は1月4日(火)からの診療開始となります。

    それでは、皆様良い年をお迎えください。

     

  • 開院4周年のあいさつ

    12月1日でいでこどもアレルギークリニックは、開院4周年を迎えることができました。

    4年もたつと「先生また鼻水がどろどろになったよ~」なんて、気軽に話しかけられることも多くなりました。

    はじめは診察室に入ってきただけで泣いていたこどもが1人で椅子に座ってにっこりしながら診察を受けてくれるようになりました。

    少しずつではありますが地域の皆様の中に、溶け込んできたような気がします。

     

    この4年間スタッフと共に「多くのこどもたちを笑顔にしたい!」との思いでここまでやってきました。

    今後もこの気持ちを忘れず、5年目の診療を行っていきたいと思います。

     

    最後にかかりつけ医として利用してくださっているお子様とそのご家族、地域の皆様、そしてスタッフをはじめ関係する全ての方々、本当にありがとうございます。

    これからもどうかよろしくお願い致します。

  • 喘息吸入療法について

    おはようございます院長です!!

    ブログの更新が滞りすみません!

    突然ですが、ときどき院長メモとしてアレルギー疾患についてちょっとした解説をしていこうと思います。

    記念すべき第1回目は喘息の吸入療法についてです。

    吸入療法は喘息の治療薬の中で最も重要です。

    考えてみてください、喘息は肺の病気ですから、肺に直接お薬を作用させると

    とても効果的ですよね!

    しかし不適切な方法で吸入すると効率的にお薬を肺に届けることができません。

    年齢やその子の性格にあった吸入方法を選択することが喘息治療のカギとなります。

    それぞれ吸入療法の特徴を表にしましたので参考にしてくださいね。

    それでは院長メモ第2回でお会いしましょう。

    さよなら・さよなら・さよなら(淀川長治のモノマネ)

     

     

  • ご迷惑をおかけしました

    昨日は急遽窓口受付を通常より早く終了し、直接来院していただいたにもかかわらず

    受付をお断りしたため、大変ご迷惑をおかけいたしました。

    開院後も毎週水曜日の午後は、福岡大学病院のアレルギー外来で診療しており

    時間に遅れられないという理由からでしたが、診療後に

    お断りした患者様の様子をスタッフから聞き「わざわざ受診していただいたのに」と

    胸が痛くなりました。本当にごめんなさい。

    今後受付時間内に来られた患者様を、お断りすることがないようにするにはどうしたらいいか

    考えたいと思います。

  • コロナ禍での花粉症対策

    2月に入り福岡でもスギ花粉の飛散が始まりました。

    今年は昨年より多くのスギ花粉が飛散する予報が出ていますので花粉症対策は重要です。

    疫学調査では日本人の4人に1人は花粉症に罹患しており、さらに最近は花粉症の発症が低年齢化して、小学生で20%、中学生で20%、高校生で22%の有症率があるとの報告もあります。

    今年はコロナ禍での花粉症対策となりますので、例年とは異なる対応が必要です。

    さらにコロナ感染症状と花粉症との症状は一部似ているので注意しないといけません。

    下記にコロナ禍での花粉症対策、コロナ感染との症状の違いを表にしました。

    ぜひお役立てください。

  • 新年のご挨拶

    あけましておめでとうございます。

    いよいよ2021年がスタートしました。

    今年も感染症予防に十分注意しながらの診療になると思いますが

    病気のこどもたちのサポートは当然のこと、どんな大変な状況でもこどもたちの笑顔を絶やさず守っていくことを目標に、スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

    (こどもたちを笑顔にするための様々な企画もお楽しみに~)

  • 3周年のあいさつ

    いでこどもアレルギークリニックは2020年12月1日で3周年を迎えることができました。

    開院当初、初めてのワクチン接種で来院された赤ちゃんが、今では歩いて診察室に入り、自分の名前も言えるようになりました。

    こどもにとっての3年間の成長はとても劇的であり、このような時期のこどもたちに、かかわれることをとても幸せに思います。

    一方こんな大事な時期だからこそ、成長を妨げる様々な病気からこどもを守ることが重要だと感じます。

    これからもこどもたちの心と体の健やかな成長を見守るため、スタッフ一同日々努力し、進化していきたいと思います。

    これからもいでこどもアレルギークリニックをよろしくお願いします。

  • 換気システム強化

    久しぶりのブログ更新ですみません(インスタグラムの更新ばかりでした・・)

    11月に入り、気温や湿度も低下してきました。

    さまざまな感染症が流行する季節です。

    地域によってはコロナウイルス感染症も増加しており、インフルエンザの動向も気になるところです。

    感染予防で重要なのは手洗い、換気、マスク・・・様々ありますが、今回当院の換気システムについて紹介します。

    今年9月にクリニック内の換気を強化するため、工事を行いました。

    待合室に吸気口を増設(4か所)、排気口を天井裏に設置(有圧換気扇:プロペラで空気を外に出す)し、以前は1回/時間の換気しか行えなかったものが、5回/時間の換気が行えるようになりました(窓を閉めた状態で)。また同時に診察室や隔離室の換気システムも強化しています。

    しかし今後も定期的な院内換気(自動ドア、窓の開放)は継続し、クリニック内での感染リスクを最小限にできるように努力していきます。

    室内の温度調整で皆様にはご迷惑をおかけしますが、上着などで調整をしていただけると助かります。

    感染対策をしっかり行い、みんなでこの冬を乗り切りましょう!!

  • 皆さんに感謝

    6月に入りやっと朝の通勤中に子供たちが元気に学校に行く姿を見ることができるようになりました。非常事態宣言前は日常のあたりまえの風景でしたが、改めてこの日常の風景が幸せだなと感じます。子供たちを見守るお巡りさん、黄色い旗を振って子供の安全を確保してくれている地域の人々、子供の手を引いて学校まで見送るお父さん、お母さん・・・・

    自粛生活により今まで気づかずに通り過ぎていた事柄に感謝の気持ちを持つことができるようになりました。

    クリニックでもコロナウイルス感染予防のため、患者さんに協力していただいたり、マスクや消毒薬不足がありましたが、皆さんのご厚意により何とか子供たちに安心・安全な医療を提供することができたと思います。

    子供を見守るすべての人に感謝です!!

    感染予防のため待合室が季節の飾り付けや絵本がない寂しい状態ですが、来院してくれた皆さんの気持ちが少しでも和むよう、4月から毎週お花屋さんに生け込みをお願いしました。

    お花をみて癒されてくださいね!!

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最新記事

Scroll Up

小児科

こどもの成長段階に合わせた細やかな健康サポート、予防接種のスケジュール管理、 親目線の育児サポート、急な発熱など感染症の診断・治療等何でもお気軽にご相談ください。

×

アレルギー科

こどもの3大アレルギー疾患である気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎はもとより花粉症、アレルギー性鼻炎、じんま疹などのアレルギー疾患をアレルギー専門医が最新の知見を踏まえ、お一人お一人そのお子さんにあった対応、検査(呼気中一酸化窒素測定、呼吸機能検査、皮膚検査、食物経口負荷試験など)、治療を行っていきます。また体質改善が期待できる舌下免疫療法(ダニ、スギ)、経皮免疫療法(ダニ)も行っています。

×

呼吸器症状

咳が長く続く、痰が切れない、夜間息苦しくて眠れない、他、呼吸器の症状がありましたらお気軽にご相談ください。画像検査、呼吸機能検査にて肺の状態を評価し、適切な治療を行います。

×