いでアレルギーこどもクリニック

待ち時間が短縮できますので、お気軽にWEB予約をご利用ください。

  • 福岡市南区横手3丁目32-19

ブログ

blog

コロナ禍での花粉症対策

2月に入り福岡でもスギ花粉の飛散が始まりました。

今年は昨年より多くのスギ花粉が飛散する予報が出ていますので花粉症対策は重要です。

疫学調査では日本人の4人に1人は花粉症に罹患しており、さらに最近は花粉症の発症が低年齢化して、小学生で20%、中学生で20%、高校生で22%の有症率があるとの報告もあります。

今年はコロナ禍での花粉症対策となりますので、例年とは異なる対応が必要です。

さらにコロナ感染症状と花粉症との症状は一部似ているので注意しないといけません。

下記にコロナ禍での花粉症対策、コロナ感染との症状の違いを表にしました。

ぜひお役立てください。

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年7月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最新記事

Scroll Up

小児科

こどもの成長段階に合わせた細やかな健康サポート、予防接種のスケジュール管理、 親目線の育児サポート、急な発熱など感染症の診断・治療等何でもお気軽にご相談ください。

×

アレルギー科

こどもの3大アレルギー疾患である気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎はもとより花粉症、アレルギー性鼻炎、じんま疹などのアレルギー疾患をアレルギー専門医が最新の知見を踏まえ、お一人お一人そのお子さんにあった対応、検査(呼気中一酸化窒素測定、呼吸機能検査、皮膚検査、食物経口負荷試験など)、治療を行っていきます。また体質改善が期待できる舌下免疫療法(ダニ、スギ)、経皮免疫療法(ダニ)も行っています。

×

呼吸器症状

咳が長く続く、痰が切れない、夜間息苦しくて眠れない、他、呼吸器の症状がありましたらお気軽にご相談ください。画像検査、呼吸機能検査にて肺の状態を評価し、適切な治療を行います。

×