いでアレルギーこどもクリニック

待ち時間が短縮できますので、お気軽にWEB予約をご利用ください。

  • 福岡市南区横手3丁目32-19

ブログ

blog

熱中症対策

皆さん例年になく暑い夏ですね。熱中症の対策をしっかりして外出しましょう。

以下に熱中症について少しまとめます。

①原因

汗がかけなくなることで、体温調整ができなくなるために起こります。

②治療

風通しの良い場所で寝かせる、水分補給、体を冷やす(体に水をかける)、扇風機をあてるなどしましょう。

③予防

帽子をかぶる、 時々涼しい所で休む、十分な水分補給などを心がけましょう。

※水分補給は麦茶や水でもいいですが、汗による塩分喪失も考えれば経口補水液(OS1)などが望ましいでしょう。

当院では皆さんに少しでも涼を感じてもらうために、スタッフのユニフォームをアロハシャツにしました。院内の音楽もハワイアン、キッズスペースのDVDは海の生き物や、昆虫などに変更しています。

暑さに負けずこの夏を楽しく乗り切りましょう!

夏の絵本たちも新しく仲間入りしたのでヨロシクね。図鑑もあるよ!!!!

 

 

 

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2020年10月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最新記事

Scroll Up

小児科

こどもの成長段階に合わせた細やかな健康サポート、予防接種のスケジュール管理、 親目線の育児サポート、急な発熱など感染症の診断・治療等何でもお気軽にご相談ください。

×

アレルギー科

こどもの3大アレルギー疾患である気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎はもとより花粉症、アレルギー性鼻炎、じんま疹などのアレルギー疾患をアレルギー専門医が最新の知見を踏まえ、お一人お一人そのお子さんにあった対応、検査(呼気中一酸化窒素測定、呼吸機能検査、皮膚検査、食物経口負荷試験など)、治療を行っていきます。また体質改善が期待できる舌下免疫療法(ダニ、スギ)、経皮免疫療法(ダニ)も行っています。

×

呼吸器症状

咳が長く続く、痰が切れない、夜間息苦しくて眠れない、他、呼吸器の症状がありましたらお気軽にご相談ください。画像検査、呼吸機能検査にて肺の状態を評価し、適切な治療を行います。

×