いでアレルギーこどもクリニック

待ち時間が短縮できますので、お気軽にWEB予約をご利用ください。

  • 福岡市南区横手3丁目32-19

お知らせ

news and topics

  • 健診優先時間の増設について

    4か月健診が8月まで個別健診になったことを受け7月8日から当面8月末まで

    水曜日8時30分~9時に健診優先時間(時間予約制)を設けます。

    健診は1か月先まで事前予約が可能です。

    ※水曜日の一般診療は9時~

  • 7月の代診のお知らせ

    7月10日(金)午後 代診

    院長不在のため、午後の診療は福岡大学病院小児科 古賀信彦先生となります。

  • 食物経口負荷試験の再開について

    6月より個別の食物経口負荷試験を再開します。感染対策を十分に行いながらの負荷試験になりますので、時間に余裕をもってお越しください。

    なお、4月、5月に負荷試験が中止になった患者様は、診療時に再度負荷量の設定や日程調整を行いますので受診をお願いします。

    ※6月以降の負荷試験をキャンセルされる場合は早めに電話連絡をしてください。

  • 定期処方について

    6月1日から通常診療後の処方となります。予約を取って受診してください。

  • 6月の代診のお知らせ

    6月12日(金)午後 代診

    6月26日(金)午後 代診

    院長不在のため、午後の診療は福岡大学病院小児科 古賀信彦先生となります。

  • 福岡市個別4か月健診実施について

    5月25日から8月31日まで福岡市の委託を受けて個別の4か月健診を行います(無料)。

    対象者は福岡市に住居する生後4か月から6か月の乳児です。

    受診時は必ず福岡市から郵送された受診券と乳幼児医療証を持参してください。

  • 5月の連休および代診のお知らせ

    ①5月の連休について

    ゴールデンウィークは暦通り診療を行っています。

    4月29日(水・祝)休診

    4月30日(木)~5月2日(土) 通常通り

    5月3日(日・祝)~6日(水・祝) 休診

     

    ②代診について

    5月22日(金)午後 代診

    午後の診療は、福岡大学病院 小児科 古賀 信彦 先生となります。

     

  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う院内感染予防強化

    (2020/4/7)

    37.5℃以上の発熱、および激しい咳嗽のある方は来院前に電話(589-3000)をしてください。スタッフが対応します。感染室及び自家用車内で待機していただきます。

    来院時と会計後に手洗い・手指消毒をお願いします。

    受診者全員に体温測定をお願いします(発熱のある方の付き添いはご遠慮ください)。

    定期的に換気を行っていますので、ご協力ください。

    診察ごとに診察室の消毒を行いますので通常より時間がかかります。

    しばらくの間、絵本はお休みします。

  • 定期薬の処方について

    喘息、アレルギー性鼻炎(舌下免疫療法も含む)、アトピー性皮膚炎、便秘、乾燥肌など当院で定期的に処方を受けている方は、院内の滞在時間をできるだけ短くし、処方箋をお渡ししますので、電話でご相談ください。

  • 食物経口負荷試験中止のお知らせ

    福岡での新型コロナウイルス感染拡大に伴い、院内感染予防の観点(院内に長時間滞在し、かつ食品を摂取する必要があるため)から当院で行っている食物経口負荷試験を一時的に中止することにしました。

    すでにご予約いただいている患者様には大変ご迷惑をおかけしますが、院内感染予防のため、ご協力お願いいたします。再開のめどが立ちましたらホームページ上でお知らせいたします。またご不明な点があれば電話でお問い合わせください。

Scroll Up

小児科

こどもの成長段階に合わせた細やかな健康サポート、予防接種のスケジュール管理、 親目線の育児サポート、急な発熱など感染症の診断・治療等何でもお気軽にご相談ください。

×

アレルギー科

こどもの3大アレルギー疾患である気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎はもとより花粉症、アレルギー性鼻炎、じんま疹などのアレルギー疾患をアレルギー専門医が最新の知見を踏まえ、お一人お一人そのお子さんにあった対応、検査(呼気中一酸化窒素測定、呼吸機能検査、皮膚検査、食物経口負荷試験など)、治療を行っていきます。また体質改善が期待できる舌下免疫療法(ダニ、スギ)、経皮免疫療法(ダニ)も行っています。

×

呼吸器症状

咳が長く続く、痰が切れない、夜間息苦しくて眠れない、他、呼吸器の症状がありましたらお気軽にご相談ください。画像検査、呼吸機能検査にて肺の状態を評価し、適切な治療を行います。

×